スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本に帰国しました
帰国して2日目の、昨日書いた記事です。

---


昨日、無事日本に帰ってきました。

まだ、今、非常に感傷的。

帰ってくる時、すごい寂しかった。
こういう心境になるとは思わなかった。

インターンシップに取り組む中で苦しむこともあったけど、
ウガンダでの暮らしは楽しかった、のだと感じた。


この2カ月、
インターン先に一緒に行く人がいて、
家に帰ってもインターン生とアイセックメンバーがいて。

今まで、
こんなにずっと人と一緒にいたこと、生活したこと、
無かった気がする。


彼らは、温かくて、かっこよくて、面白かった。


最終日、空港の、
チケットなくて来れるギリギリのところまで
3人お見送りに来てくれて。


空港に入って1人になった時、

急に「あ、本当に帰るんだ」って、
感覚的に現実味を持って、

喪失感に似た気分を感じた。



***


そして今寂しいのは、


日本に帰ってきて、

早々とまた日本の生活に没頭していく自分がいること。


当たり前なのかもしれないけど。





ウガンダでの最後の方の出来事

 ―帰る前日、インターン先でスタッフがしてくれた話。  

 「この組織を改善しようとしてくれてありがとう」って
  
  言ってくれた人がいたこと。


 ―最後の夜、クラブ、アフリカンたちのほんとかっこ良いダンス姿。


 ―インターン先の人もインターン生もアイセックメンバーも
 
  「You are leaving.」
  「I will miss you」
  「When will you come back?」
 
   と何度も何度も言ってくれたこと。



 ―最後、お見送りに来てくれた3人と別れる瞬間。
  
  それまでわいわいしてたのに、とても寂しくなった。
 
  「So..good bye in special way」と言ってしてくれたHugs。





飛行機に乗っている間は

こういうことが鮮明で、




でも今は「写真撮っておけばよかった!!」とか思ったりしてて、


どうしても記憶が薄れて行くのを感じてて、寂しい。



***



今回のインターン、

悩む時間も多かったけど、

周りの人には恵まれたと心から思う。




一緒にインターンをした4人(ドイツ人、中国人、ブルガリア人、エジプト人)。



たくさんの時間を一緒に過ごして、

一緒に居て本当にリラックス出来て、

(つたない私の英語にも関わらず)話もたくさん聞いてくれて、

私の人見知りさを改善しようとサポートしてくれつつも

そんな弱み含めて

パーソナリティ丸ごと認めてくれていたと感じた。
(だから一緒にいてリラックス出来たんだろうな。)




ほんと、彼らから多くを学んで、一緒にいて温かった。


彼らとは、また会うって決めた。

みんなお互いに、なんとか機会を見つけて、
互いの国を訪ね合うことを考えているの。





あとは、ホスティングしてくれたKyambogo LCのメンバー。


1番お世話になったのはLCP(代表)のTom。

最初の空港へのお迎えも、

インターン先に最初連れてってくれたのも

ケータイとか蚊帳とか必要な物買う時助けてくれたのも、

実家や従兄の結婚式に連れてってくれて
ウガンダのことを色々見せてくれたのも、

色々色々

全部Tomだったー。


私が熱出して部屋で死んでたら心配してくれて
「いつでも病院連れてくから」って言ってくれたり、

インターン生みんなが
何かストレス溜まって無いか、落ち込んでないか、気にかけていた。


人々が使ったもので荒れた台所を
私が1人で片付けていた時、

色々ぺちゃぺちゃ話しかけては来るものの
そのまま去っていく人ばかりな中、

Tomは一緒にやってくれたりもして。

2人で夜中の3時まで大そうじ、な日もあったなぁ。


責任感のある、頼れる人だった。



他のアイセックメンバーでLC Houseに住んでるのも

男の子ばっかりだったんだけど、

みんなでわいわいしてる感じ、

すごい楽しそうだった*


仲良しだなーと思って見てた。



みんな来年の6月に大学卒業らしくて、

「その後に旅行計画してるから、日本も行くよ!」って、

空港に向かう車の中で話してくれた。


日本に来るのはVISAやお金の面でとても

大変なこと、難しいことだけど、

もし来れた時には全力でホスティングしたいな。


また会いたいなー

彼らがわいわいしてるのをまた見たい。




最後、日本人コミュニティ。

住んでいる場所にも、
インターン先にも日本人はいなかったけど、

南山大学と同志社のインターン生が割と近くに住んでいた。
(絶妙な、最高の距離感だった!)



Podcastを作るっていう話に誘ってもらって、

たくさんの日本人に一緒にインタビューに行った。


それぞれ2人に心から尊敬するところがあって、

3人で活動してるのがすごいサークルっぽくて楽しかった。


日本人には、確実にまた会える*

11月には、会うために京都で集まる!

***


本当に多くの人に助けてもらって、

優しくしてもらったと思う。

感謝している人がいっぱい。ほんとにいっぱい。


2か月前には誰ひとり知らなかったのに、

こんなに色々関係を築けたのは、

なんていうことだろう。
(ということを、ドイツ人と何度となく話したな。)



・・ウガンダのことばっかり感傷的に書きましたが、
日本で待っていてくれた人、
ウガンダ滞在中通して気にかけてくれた人、
お帰りと言ってくれる人たちがいて、
そちらのありがたさもほんとに感じています。





あー。

色々感情を引っ張る出来事ってあるけれど、
それでも


「目の前のことを前向きに丁寧にやって、
 日々を楽しむようにしていくこと」

これが大事なのは、
ウガンダにいても日本に帰ってきても同じだな。

寂しいって言って過去ばかり見ていないで、
先を楽しみに、
今この時を大事に過ごそうと思います。

今日は終わり!
自分がウェットなのがわかってるから、早く落ち着きたい!
スポンサーサイト

<< 2ヶ月前の今日 | ホーム | まだ大学2年生だったら >>

comment

post a comment

url:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。