スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人ボランティアという立場
今日は、ちょっとネガティブかもしれない内容です。

ネガティブなことはあんまり書きたくないとも思い
アップロードするか迷いましたが、
インターンを美しい物語に仕上げてもしょうがないので、
正直に感じたことを残そうと思いました。

自分自身が混乱の中にいるので、
今日の文章は読みづらいかと思います・・><

***

人々と話したり、時間を過ごす中で、
ウガンダで日本の印象は、
最も物が高い、Expensiveな国、だと感じています。



事実、東京は、世界の中で最も暮らすのにお金がかかる都市。


そしてそこから来た、私。


だから、物乞いに合ったり、寄付をせがまれることは、想定してきたこと。


なんだけど、その状況に多少疲れてしまったというか、
困惑しているなぁと、自覚しました。




物乞いをされるというのは例えば、
スラムやちょっと田舎に行った時、
水やなんかを買おうとすると、
「俺にも買ってくれー」と言ってくる人がいたりします。

フレンドリーに、ちょっと言ってみただけ、といった人もいれば、
お店の人に払おうとしたお金を横から取ろうとしたり、
お金をせがんで私の手や肩を掴んで来た人もいます。



また、道端でいきなり抱きついてくる子どももいます。

ただ純粋に遊んで欲しいんだろうなと思う時と、
私のポケットから何か取ろうとしてるかなと思う時と、両方あります。


こういう状況に直面した時にエネルギーを使うというのもあるけど、
今1番困惑しているのは、
NGOの中でそういう状況があること、です。

今、インターンシップをしているNGOの子どもと話していても、

「Akiko、サッカー用の靴が欲しい。」

「ユニフォームも欲しい」

「サッカーの試合に行くから、水とか買うのにおこずかいをくれない?」

「パソコン持ってる?持ってるなら、ウガンダから帰る時にくれたりしない?
 日本で新しいのを買えるでしょ?」

といった話になります。
過去のインターン生が何かあげたことがあるのかなぁと思います。

もちろんNGOにいる子どもたちは、
怠けていて物が無いわけではなく、
扶助されるべき対象なのにそれが出来る親族がいないという状況です。

なのでインターン生としての自分の役割として
ファンドレイズも行おうと思い動いているのですが、
その中でも、事件がありまして。



先週から、
「NGOに子どもが何人いて、
何歳で、どういう背景でここにいて、健康状態はどうで・・」
ということを把握しようと、
インタビューやプロファイル作りをしていたのですが、
最初にスタッフの人から聞いた子どもの人数を超えても、
NGOに行く度に、

子どもが増える増える。

そして昨日、他のインターン生と、
「これ、リスト作り終らないんじゃない?」という話になりました。


つまり、
何か物が貰えるかもしれないという期待のもと、
どこからか子どもがやってきているのだろう、と。


そういう状況を理解した昨日、
このままのやり方でファンドレイズを続けることに、
なんだかもやもやとした気持ちを持ってしまいました。


先にウガンダにいる物乞いの人について書きましたが、
当然このような人ばかりではなく、
失業率が高いと言われる中でも
バイクタクシーの運転手や、路上で食べ物や雑貨を売るなど、
仕事をして日々を生きている人が大大大多数だと感じます。


でも、今、このNGOの子どもたちに、
「ねだったら、外国人は物をくれた」という経験を積ませてしまったら、
そういう生き方に導いてしまいかねないかもしれない、ということが
頭をよぎってしまって。

しかしまぁ、だからファンドレイズをするのは辞めるべき、
と考えるのは短絡的だとも思うので、
外国から来た私たちが活動する時に何に気をつけるべきで、
これからどうしたらいいか、
他のインターン生と話したり、
NGOのスタッフと相談して行こうと思います。


昨夜は頭と気持ちがパンクしそうになりましたが、
また、頑張ってみます*

あと36日。
スポンサーサイト

楽園 Ssese island
今週末は、アイセックのインターン生5人で、
ビクトリア湖に浮かぶSsese Island(シーシーアイランド)に小旅行に行ってきました。


◆左から、私、ブルガリア人のディミタ、
ドイツ人のアグネス、中国人のスティーブ、ドイツ人のアンディ
group picture20


住んでいるBandaから、首都のカンパラを経由して、
空港のあるエンテベまでバスで2時間くらい。

その後フェリーで3時間。


◆フェリー
フェリー20




とても綺麗な島に着きました。

◆Ssese island
4 楽園



ビーチのすぐ側の、キャンプ場みたいな小屋に泊まりました。
一泊600円くらい。

◆アグネスと泊まった小屋
5 my room




次の日は、ビーチみたいな湖のほとりを歩いたり、


◆まるで海みたいなビクトリア湖のほとり
3 ビーチ2020


丘を登って景色を見たり、

◆丘からのビクトリア湖
6景色20

◆丘で記念写真
7 景色2 2029




ハンモックで昼寝をしたり、

◆ハンモック
8 ハンモック


バレーボールをしました。

◆ビーチでバレーボール
9 バレーボール


久しぶりにバレーボールした!


この島で会ったイスラエルの人と一緒にやったのですが、


一緒にスポーツするとすぐ仲良くなれるのね~。


レシーブ・トス・スパイクがうまく行った時の、連帯感といったら。笑



途中から、この島にいたウガンダ人も加わってきて、すごい楽しかったです。









その後、少しだけビクトリア湖で泳ぎました。


◆ビクトリア湖
10 ビクトリア湖



なんでか、とても感動的でした。


水平線から続く


穏やかな水面の中に、


自分がいるんだなぁ。と。





大きな自然の中の自分。






***





そして夜も、非常に記憶に残る空間でした。



写真は撮れなかったけど、星が本当にたくさんあって。



その星の下で、
キャンプファイヤーを囲んで、
アイセックのインターン生やここで会ったイスラエル人たちと
お酒を飲みながら話して。


◆キャンプファイヤー
11 火20





それで野外バーのおじさんがJanis Joplinを流した瞬間、
なんでか、


Perfect!


と思いました。


なにがPerfectなのかわかんないけど、



今アフリカにいて、ビクトリア湖にいて、


数週間前までは知らなかった人と仲間になって、


星と火と湖が綺麗で、


食事とお酒は素朴だけど美味しくて、


音楽が素敵で。





非常に満足だったのかな。


望んで、行動すれば、
こんなシチュエーションにも居れるんだなって。


これからも
非日常でHappyな瞬間のある人生を送りたい。


***

怖いくらいのパラダイス、でした。


2週間目:スラムの子どもとNGOの子どもの違い
今日は、2週間目の今週
インターンシップ先にいて感じたことについて。


いくつか前の記事に書いたように、
今私は孤児やストリートチルドレンを保護するNGOに行っています。


今週は、10代の男の子が集まって住む家であるBoy's homeに通い、
彼らの話を聞いたり、彼らの日常の活動にくっついて行きました。


まず感じたのは、圧倒的に大人しい、ということ。


何と比べてそう思ったのかというと、
このNGOの子どもたちが住む家は
Mengoスラムの中にあるのですが、
スラムにいる子どもたちは本当にフレンドリーで
全力の笑顔で寄ってきます。

◆Mengo slumで会ったこども
mengo children 20


今週の私の目的はスラムの子たちではなかったにも関わらず、
この子たちは自ら寄ってきて私の名前を覚え、
次の日からは、
行くと「Aki!! Welcome back!!」と寄って来て、
手を取ったり髪を触ってきます。
(アフリカ人とアジア人って全然髪質が違うので面白いらしい)

今住んでいるBandaというスラムの方でも、
歩いているだけで子どもたちが手を振ってくれます。

そのにぎやかさ、エネルギーに比べて、
NGOにいる男の子達は、
本当にシャイで、元気があまりありません。

横に座って話をしたり、一緒に過ごす内に、
この男の子達も私の名前を覚えてくれ、
「ウガンダの食べ物で何が好き?」とか、
たわいない会話はぽつぽつするようになりましたが。。

◆Isah(イサ)。物静かで、優しい子。
Isah_20.jpg



親をHIV/AIDSなどで亡くしたり、
親に養ってもらえなかったということが
傷になっているであろうこと。

今、学費が無いことから学校に行けていない
(ウガンダは初等教育無償化されたはずですが、
未だお金を徴収しているところもあるとのこと・・)ため、
今後についての展望も感じるのが難しそうなこと。

そういう背景からかなぁ。。と思います。
(後者についてはスラムの子もまた然り、だと思うので、
 大人しく、元気が無い1番の理由は前者かしら。。)


そしてこの場所で何が出来るのか今週は
考え、考え、考えましたが、
その時に助けになったものをここに共有します。

日本で子どものシェルターを運営している人の本からの
引用です。

---
どうして子どもがこれほどに苦しまなければならないのでしょうか。
子どもたちを守りきれない、自分を含む大人たちに、
情けなさと怒りすら覚えます。

しかし出会ってしまった、傷ついた子どもを目の前にして、
嘆いていても何も始まりません。


でも何をすればいいのかもわかりません。



本当に難しいことなのです。



自分が経験したこともない苦しみの中にいる子どもを前にして、

どうしたらそこから立ち上がることが出来るのか、

どうしたら元気になれるのか、

それを見つけることは、とても難しいことなのです。


だから、まずは子ども自身から聞くしかないのです。


今何に困っているのか、
今までどのような人生を歩いてきたのか、
これからどうしたいのか。

私たちの活動は、ここからしか始りません。

子どもの抱える課題を聞き、
溜めこんできた思いを聞き、希望を聞く。

そして問題を整理しながら、
困難を切り開くために、
子ども自身は何をしなければならず、
私たちはどのような手助けが出来るのか、
それを一緒に考えるのです。



私たちは所詮、無力な大人なのです。



子どもの人生を代わって生きてあげることも出来なければ、

子どもが背負っている重荷を担ってあげることも出来ない。



子どもの人生の問題を解決してあげるなどと思い上がることは、
とんでもないことなのです。



ただ一緒にいることだけなら出来る。



子どもを見捨てず、側にいる。


そしてあなたと出会えて嬉しい、
あなたに生きていてほしいというメッセージを、いっぱいに伝える。


それくらいなら、無力な大人にも、出来るはずなのです。

(「居場所を失った子どもを守る 子どものシェルターの挑戦/石井昭男」(明石書店))

---

こんな本も読みつつ、
周りの人や日本にいる人たちにも相談しつつ、
今後何をしていこうかじょじょに考えました。

長くなったので、それについてはまた次に。

ごはんについて
ウガンダのごはん。

来るまで、まったく想像がつきませんでしたね。

日々の食事の選択肢としては、この3つです。
・ローカルフード
・ファストフード/インターナショナルフード
・自炊

ローカルフードですが、
主食は、おいも、お米、
ポショ(とうもろこし粉を練って蒸したもの)、
マトケ(バナナを蒸して練ったもの)があります。

マトケはあまり好きではありませんでしたが、
おいも、お米、ポショは美味しく食べれます*

この主食どれかに、
お豆かお肉の入ったスープを一緒に食べます。
シチューみたいな感じで、まぁまぁ美味しいです。

安くてヘルシーで気にっています♪

◆ポショ・ライス・ビーンズのスープ
ポショ ライス ビーンズ

◆スイートポテト・キャッサバ・ビーンズのスープ
おいもとビーンズ


衛生面も、
以前バングラデシュで入ったローカルレストランに比べると
全然問題無い様に思います。

某西高生からは
「何回お腹壊すか数えてきて。笑」と言われていましたが(笑)、
私もお腹を壊す気配はないし、
各国から来ている学生もみんな平気そうです。

値段は、お豆かお肉かなどで変わりますが、
1200~3000UGX、日本円で36~90円くらいです。

***

次はファストフード。

首都のカンパラにも、今住んでいるバンダにも
見たことあるファストフードはありませんが、
ファストフードを売るお店はあります。

フライドチキンとたっぷりのポテト(ウガンダではChipsと呼ぶ)で、
5000UGX(150円くらい)です。

日本のファストフードの油が劣化してる版、みたいに感じます。。。

◆チップスとケバブ
チップスとケバブ

ポテト、多すぎですよね?笑





あとはきれい目なカフェ・レストラン的な場所もあります。

◆Cafe JAVAs
Cafe JAVA 20


そこでは日本で食べるのに近い
サンドイッチ・スパゲティ・カレーなどが食べられます。

◆これはラップサンド
ラップサンド20



しかし値段がローカルレストランとは桁違いで、
10000~20000UGX(300~600円)くらいです。

ローカルフードに慣れてしまっていると、
非常に高く感じます。笑

初めて入った時にドイツ人が「高すぎない!?」と驚いていたのに大して、
エジプトの人が「自分の国の食事を考えてみなよ(高くないよ)」と
突っ込んでいたのがなんだか面白かったです。


***

最後に自炊です。

24時間開いているスーパーマーケットもあり、
日本からの輸入品は見かけませんが、
お米やパスタ、野菜など、まぁ普通に買えます。

今新しく移った家ではまだ火が使えないので、
今は自炊出来ないのですが、
他の家に住んでいる人は自炊もしています。
(私もしたい!)

***

最近のごはんはこんな感じです。


ごはんではないですが、
ウガンダに来て1番美味しいと思ったのは、
パイナップルです。


日本のより甘い!☆


これはウガンダの誇れるものだと思う。


◆パイナップルとスイカ(買ってきて、家で切って食べました)
パイナップルとスイカ20

パイナップルは路上で売られており、
まるまる1個が1000Ush(30円くらい)で買えます!

◆パイナップル売り
パイナップル売り20


買い食い的なものも色々あるのですが、
長くなってきたので、また!

住んでるところ
今日は住環境について*

場所は首都カンパラから車かバイクで20、30分くらいの
Bandaという場所に住んでいます。
大きなスラムがすぐ隣にあり、
バスの停留所からスラムのマーケットを通って家に帰ります。

◆マーケットの通り
スラムのマーケット_20

ローカルレストランも近くにあって、重宝してます*


アイセックを通して世界中から集まるインターンシップ生と、
ウガンダのKyambogo Universityの学生が一緒に住む
LC Houseという家に滞在しています。

今はウガンダ人、ブルガリア人、中国人、エジプト人、ドイツ人、
イタリア人、アメリカ人と私です。

このLC Houseは、
私がウガンダに着いた次の日からちょうどオープンしたので、
家具や台所用品などは最初は全くありませんでした。

でも少しずつ色んなものを増やしていて
家を作っている感じがして楽しいです*


◆(これから)リビング(になるスペース)
リビング

◆台所(ちょっと荒れてる時。みんな片づけよーねー)
台所


1ヶ月6000円程度の滞在費です。
住む場所としては格安ですね。

大学生同士の協働生活ということで、
インターンシップ以外のところでも
非日常な環境を楽しめています!*

インターンシップ先について
早く紹介しようと思って遅くなりました。
私がインターンシップをしているNGOについて書きます。

孤児やストリートチルドレンを保護し住む場所を与え、
基礎的な学習支援から職業訓練まで行う、
カンパラのMengoというスラムにあるローカルNGOの
Mengo Youth Development Link (MYDEL) にて
インターンシップを行っています。

ローカルスタッフ6名と、
ウガンダ・世界中からのボランティアスタッフで運営されています。

この団体が活動する背景として、
ウガンダではHIV/AIDSで親を失い
孤児になってしまう子が多いという事情があります。

そのような子どもたちに
まずは精神的なケアがいるということで、
サッカーや演劇などのアクティビティを行うグループがあります。
次に基礎的な学習支援をするプログラムがあり、
職業訓練としては、
パソコン、洋裁、木彫りのスキルを身につけるプログラムがあります。

ローカルスタッフ6名という中で、
これだけ豊富な内容を運営しているのはすごい。

ボランティアスタッフとして何を行うかは自分で決めてよいみたいなので、
基礎的な学習支援か
パソコンのスキルを教えるプログラムでの
ティーチングアシスタントのようなことを行うのと、
ファンドレイズについて考えていきたいと思います。

また、このMYDELの卒業生で現在どこかで職を得て働いている人に、
プログラムの価値や改善点などを聞いてみたいと思います*

明日からまた頑張る!

◆Mengo スラムのこどもたち
Mengo スラムのこども

1週間目
ウガンダに着いて1週間が経ちました。

この1週間を振り返ると、
まずはウガンダで生活することと、
インターン生として自分が置かれた状況を理解する、という時間でした。

生活ですが、
2ヶ月の滞在に向けて住環境や通信環境などを整え、
移動方法や食事などウガンダでの生活を知りました。

「お風呂大好きな自分が、
水だけのシャワーで2ヶ月やっていけるかしら・・」とか、
「ごはんちゃんと食べれるかな・・」と思っていましたが、
順応することが出来そうです。
生活は2ヶ月間なんとなりそう!と思えています*

インターン生として自分が置かれた状況ですが、
ボランティアスタッフとして何をするかは自分で決めてよいとのことで、
自分の役割を自分で決め、活動内容を組み立てていかなければ、という状況です。

このNGOの活動状況や、スラムの状況の理解すら手探りな中で
自分の役割を決め、活動内容を組み立てることは非常に難しい!と感じていますが、
自発性を培う究極の状況だと捉えて、
前向きに頑張っていきたいと思います。

あと7週間、48日!


8/6 ウガンダ到着
8/6の到着について8/7に書いてました。
ネット環境などなどやっと落ち着いたので、
今投稿します*


到着した日

日本時間で8月5日の22:00成田発の便に乗り、
ウガンダ時間で8月6日の14:45に
ウガンダの国際空港、エンテベに着きました。
ドバイでの乗り継ぎ時間4時間を含めて、23時間*

エンテベ空港までお迎えに来てもらうことになっていたのですが、
うろうろ探したもののそれらしき人はおらず・・・。

迎えに来るはずの人に電話をかけようと、
自分の携帯を使おうとするも
国際ローミング?に時間がかかってモタモタ。

モタモタおろおろしている内に
タクシードライバーのおじさんが貸してくれました。
「タクシー?」と客引きされるものを
「No」と冷たく答え続けていたのに!
親切!

しかし来てくれるはずの人には連絡が取れず、
責任者的な人に電話し、
トムというメンバーが向かっているからと教えられ、
その後トムに電話をし、
数分で来てもらえました*

「ちょっと遅れた!ごめん!」くらいのノリでした。
まぁ会えた後になってしまえば全然いいやって思うけど、
会えるまでは不安だよね(´・ω・`)
夜着の便を避けて明るいうちに着いてやっぱり良かったです。

後のアイセックインターン生へのアドバイスがあるとすれば、

・海外で使用出来る携帯があったほうがよい
 (私のものも、数十分後に使えるように。
こんなにローミングに時間かかったの初めて。ウガンダだから?)
・連絡先の電話番号は複数人分あると安心
・その際、役職についている人の連絡先を把握しておくと良い
 (MCやLCPなど。連絡が取れる確率が全然違う感じがする)

こんな感じですね。


迎えに来てくれたのはアマンダという女の子と、
トムという男の子でした*

その後、首都カンパラまで40分くらいドライブ。

アマンダが運転してくれて、
トムと喋っていたところ、
トムはアイセックKyambogo大学の支部代表(LCP)とのこと。
そして新学期は8月からなので月曜日からは新歓ということです。

全然そんな素振りは見せないけど、
この人今絶対忙しい時じゃない?と
なんだか申し訳なくなっちゃいました。
(自分が2年前同じ立場だったからこそね)

新歓担当(VPTM)がやっているから大丈夫、とのことですが。

途中からトムも私もひどく車酔いし、
首都カンパラに着いた後少し休憩した後、
今日泊まるところまで移動しました。

タクシーと呼ばれている、
日本で言うバスみたいなものと、
Boda bodaというオフロードバイクの後ろに乗せてもらうものを使いました。

Boda bodaは今まで乗ったものの中で1番怖かったです。笑
スラムの人ごみの中、滑りそうな泥道、ものすごい急斜面、
溝を超えるために細い木の板を走る走る。
よくこんなところ運転出来るものだ!

たぶん凄い力で運転手の肩を掴んでいた気がします。笑
ごめんね、お兄さん。。
私は自分が乗っているだけでも精一杯でしたが、
トムは私の30キロ近いスーツケースを抱えて乗ってくれました。

本当、1人じゃ空港から泊まる場所には辿り付けなかったですね。
電話貸してくれたおじさん、
アマンダ、トム、
タクシーとBoda bodaの運転手さんありがとう*

いつもの生活圏内から出てみると、
自分には出来ないことだらけで
いろいろな人に助けられているなーと
実感しやすいのかもしれませんね。
(実際は、いつもの生活だって助けられて
成り立てるのだと思う、あまり意識出来ないだけで)

そんな感じのウガンダ1日目でした!

出発前夜
今日は出発前夜です*

今はわくわくしてます!

最近、私が行くNGOで以前インターンをしていた
ノルウェー人とオーストラリア人に連絡をとったのですが、
2人とも「ウガンダが大好きになって、すごく良い経験だった!」と
テンション高く親切な返事をくれて、
わくわくな気持ちをもらいました* 

ありがたい!

***

今なんとなく、初めて海外に言った17歳の夏のことを思い出してます。

英語なんて全然喋れなかったけど、
Los Angelesに2週間ホームステイに行った時のこと!

成田空港に着いた時、
ホストファミリーの家についた時、
最初の朝ごはん、
教会での英語のレッスン、
ビーチに連れてってもらったこと、
メジャーリーグ見に行ったり、
夜ホストファミリーと寛いだり、
パパのハーレーダビッドソンに乗せてもらったり・・・

もう色々すごい事細かに覚えてる。

17歳の他のことより圧倒的に記憶に残ってる。

基本的に遊んでただけだった気がするけど、
自分への影響は大きかったんだろうなぁ。
行って良かったなぁと思うよ。


今回「良い思い出を作りたい!遊ぶー!」という
目的で行くわけではないけれど、
今回も記憶に残るような時間にしていきたい*

「初めてアフリカに行った時。
 こんな感じだったんだよ。」

おばあちゃんになっても覚えているような、
そんな濃いインターンシップ経験にして来たいですね。


それにしても1年で、
日本人で400人、
全世界で1万人以上がこうやって
渡航前のドキドキわくわくを経験してるかと思うと、
アイセックがやてることはすごいなぁと改めて思います。


世界中の1万人分のこのドキドキ

ってすごいパワーだよ、きっと。


そんなことを思いながら、
今日は安らかに寝れそうです。
自分のベッドでの寝納め!

おやすみなさい(o・・o)/☆彡


| ホーム |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。