スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーケティングと、途上国NGOでの活動
こまめに更新という目標が早くもどこかへ行っています。
が、これから少しずつ書いていきたいと思います*

最近
「途上国の人々との話し方 国際協力メタファシリテーションの手法」
という本を読みました。

この本の主張として、

「本当に意味のある支援とは、
 まずそこに住む人々が自分たちの周りで起きている事実に
 気づくことをサポートすること。

 そしてその人々自身が現状を変える必要があると考え
 その方法や実行ついて支援を求めた場合、
 必要な知識や技術や材料の協力をすること」 ということがありました。


まず事実に気づくのがなぜ必要かというと、
そこに住む人にただ「問題はなんですか?」と聞いても
そこでぱっと出てきた答えが
「今、本当に解決すべき課題」とは限らないから。

(アイセックのメンバーであれば、
 組織の課題を感覚のみで特定したら、
 まぁ失敗することを簡単に想像出来るのではないでしょうか。)

また住民主体や参加を謳っても
支援者側から支援プロジェクトを立案/提案している限り、
永遠に住民が主体的に取り組んでいくことにはならず
効果のあるプロジェクトに成り得ない、から住民自身の気づきが必要と。

ではそのためにどうしたらいいのか、という方法論として
ファシリテーションの技術について丁寧に説明があります。


これを読んで面白いと思ったのは、
企業のマーケティングの質的調査と
非常に似通っている点があると思ったこと。



私は元P&Gのマーケティングの方が創ったベンチャー企業で
1年程インターンをしていました。

そしてその方の行うマーケティング調査に同行したり
「マーケティングの本質とは」、
「マーケティング調査を行う時の鉄則とは」といった話を聞かせてもらってきました。


その中で印象的だったことは、
「質的調査をする時、被調査者の言葉はアテにしない」ということ。


インタビューもしますが、
調査のメインは「実際の行動を観察する」ことでした。

なぜならインタビューをしても、
本人が意識していない行動というのが必ずあるし、
また人には誰しも見栄があるのでつい聞こえのよい答えをしてしまうもので、
“本当のところ”はわからない。

“本当のところ”、つまり事実の理解を目指し
そして本人すらも自覚していないニーズを発掘するのが、
P&Gのマーケッターなんだなと思いました。



そしてこの本に戻りますが、
この本によると、
「住民たちが自分たちの事実(“本当のところ”)を理解することを促す」のが、
支援者がまず行うべきことです。

そのためには、
「意見」ではなく「事実」を尋ねる質問や、
自分たちが知っていることの可視化をなどを通して、
「(本当の課題への)気づき」を得る機会を促すという方法が書かれていました。


これは、
「世界の一流企業のプロフェッショナルが行うことを、
 途上国に住む人々にファシリテートすること」とも
言い換えられるのかな、と思いました。


まぁ、簡単じゃないことがよくわかる。


筆者が、
「技術と経験をもった人が行なっても非常に時間がかかること」と言っています。
住民が気づき始めるのがスタートから2年、
変化のためのプランを考え始めたのが3年半くらいだったようです。


インターンシップの開始が近くなってきた今、
「大学生4年生の今の自分の、2ヶ月間のインターンシップの目標」を
改めて考えるにあたって、
今この本を読んで良かったなぁと思いました*


また目標についても書きたいと思います*
では(o・・o)/


◆本の情報
-----
「途上国の人々との話し方 国際協力メタファシリテーションの手法」
 著者 和田信明・中田豊一
 みずのわ出版 2010年
 3500円 (私は大学の図書館で借りました*)
-----
スポンサーサイト

大学から渡航用に奨学金を貰います
今日はお金事情について。
結論から言うと、大学の奨学金に助けられました。

アフリカに行こうとして、最初に考えたのはだいたい以下の費用。
(実際いくらかかったかは、ブログに記録していきます)

--------------------
★飛行機:30万円
★予防接種:3万円
★生活費:5万円
--------------------

うーん、40万円。

頑張ってアルバイトをしましたが、
NPO活動をしていたり、
その後就職活動をしていたり、
たまには遊んで使っちゃったり(!)で、

「中々貯めるのが難しい・・・どうしよう」

と思っていた矢先、
大学の奨学金募集の情報に目がとまりました。

私の大学はキリスト教系で、
ボランティア活動を奨励するための奨学金があったのです。

上限50万、休学していても可能(私は休学中)。

「これは、もう運命! 私のための奨学金!!」とまで思いました。


即大学へ行き募集要項を手に入れ、
応募までにやったことは主に以下の3つ。

----------------
★1★情報収集
----------------
ボランティアセンターに足を運び、
過去の採用者の活動計画書を熟読。
また、過去に採用された知り合いがいたので、
その人に連絡を取り2の活動計画書を見てもらったり、
面接がどんな様子か話を聞きました。

-------------------------------------------------
★2★応募に必要な書類の1つである、活動計画書を執筆。
-------------------------------------------------

-自分の人生におけるこの機会の位置づけ
 (おいおい、このブログにも書く!)

-アフリカを選んでいる理由
 (自分にとっての意味、アフリカにとっての意味)

-このプログラムを選んだ理由
 (場所ではなく内容。なんでこの内容の活動をしたいか)

まず主にこの3つから、いかに行きたいかを書きました。 

また、実現可能性が高い!と思ってもらえるように
なるべく具体的に準備、フォローアップ含め活動計画を書きました。

「2000字以上」のところ1万字位になりましたが、
章立てして読みやすくするようにしました*


-------------------------------------------------
★3★応募に必要なもう1つの書類、推薦状を書いてもらう
-------------------------------------------------

書いてもらう人の所属は大学の内外を問わなかったため、
候補としてはゼミの教授か、
インターン先の社長かが思い浮かびましたが、
社長に書いてもらうことにしました。

理由は、インターン先の社長は元アイセックのメンバーで、
アイセックのインターンシップにも2回参加していたので、
推薦してもらう内容を理解してもらやすかったこと。

また、私はこの企業で1年以上インターンをしており、
書いて頂ける実績が多少なりともあるかと思ったこと、
「就職先として考えてみて」とオファーも頂いていたので
自分を買ってくれていると思い頼みたくなったのです。

快く作成を承諾していただき、大変感謝、感謝です。


***

そして応募しに行き、
10日後に15分の面接があり、
3日後に発表があり、
30万円頂けることになりました!

***

応募して良かったのは、
もちろん金銭的に助かったことですが、
その他にも2つほどあります。

1つ目は活動計画書を執筆したことで、
活動計画を具体的に出来たこと。

計画書を書き始めた時は、
「行ってみなきゃわかんないなー」と感じた部分が多々ありました。

しかし力ずくで計画を作ってみてから思ったのは、
現地に行ってから考えても、
「わからないなりにやることを考える」というのは
同じなんじゃないかと思いました。

無理やりでも「想定」を作っておくことで、
向こうでのスタートが「修正」になるのは少しだけでも楽になる気がしています。


2つ目は、大学が計画を認めてくれたことの嬉しさと責任感の発生です。

前にもブログに書いた様に、
なんでアフリカに行こうとしているか理解して頂ける人は中々少ないし、
「アフリカ、やっぱやめた!」って言う理由だったら
いっぱい出てくるのが、実は私の現状。
(体力が優れているわけじゃないし、心配症だし!)

そんな中、大学が、
今わたしがやろうとしていることを投資する価値があるとして、
「行ってこーい!」とサポートしてくれることはとても嬉しいです。

同時に、50万円中半分以上の30万円を
私に投資してくれた期待を裏切りたくない、
頑張ろう、という気持ちが生まれました。

何かくじけそうなことがあった時に、
ふんばれる強さにつながる、
そんなサポートにも感じています。


***

ということで、皆さんも大学の制度があれば是非応募してみたら良いかと*

私が貰った奨学金の情報を一応付けておきます。

----
立教大学『ポール・ラッシュ博士記念奨学金』
国内外を問わずボランティア活動に活動資金を贈与。
休学していても応募可能。

・募集要項掲示:6月頭(学生部、ボランティアセンター ※ネットには載ってないようでした。足を運ぶ!)
・募集締切:6月10日(書類準備にあまり時間が無い)
・面接:6月21日
・発表:6月24日
----
予防接種
今日は予防接種について。

実務的な話ですが、
今後渡航する人の参考になればと思い残します!

--------------
▼受けた種類
--------------

今回のケニアに向けては
6月28日にA型肝炎、
7月4日に黄熱病を受けました。
またマラリアの予防用服薬も買いました。

私は2年前に破傷風とA型肝炎を受けていたので、
破傷風は受けなくてOK、
A型肝炎は追加接種で1回でOKでした。


--------------
▼場所
--------------
黄熱病の接種をやっていて行きやすい場所ということで
八重洲にある
「日本検疫衛生協会 東京診療所」で。

黄熱病は電話予約が必要でした。

--------------
▼値段
--------------

私は黄熱病(11000円)とA型肝炎(8700円)、マラリアの予防用服薬(1ヶ月2週間分で9000円)を買って計28700円。

うーん、これに破傷風や狂犬病まで1度にやったら軽く6万くらいかかっちゃいますね。


私の大学では予防接種1つに2000円補助が出る制度があるので、それを使って今回は4000円戻って来る予定です。


ケニアやタンザニアなど東アフリカに行く人はあまりマラリアの予防薬は買わない(西アフリカほどひどくはないため)とお医者さんに言われたので、
削るとしたらマラリア予防薬でした。

心配性な私は悩んだ末買いましたが…。

以上予防接種についてでした*

| ホーム |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。